【ボーカル講座vol9】1分でリズム感を劇的に改善する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーカル講座第9弾は、バニーガールリズム感について。
どんなに美声天使の持ち主でも、
どんなに腹式発声犬(OK)が完璧な人でも、
リズム感が無ければ、残念宇宙人に聞こえてしまいます。
・・・まあ、基本的には、「バニーガールノリバニーガール」でカバーできますが(笑)
そこで、今回は、1分でリズム感を劇的に改善する方法。拍手
それは!!!!
いつもやっている手拍子を、裏打ちに変える。
・・・意味が分かる人と分からない人が居ますね。
つまり、こんな感じです。
1.普段犬(NG)
1     ・     2     ・     3     ・     4     ・
手拍子       手拍子        手拍子       手拍子
2.改善後犬(OK)
1     ・     2     ・     3     ・     4     ・
    手拍子        手拍子       手拍子       手拍子
「タ・タ・タ・タ・」というリズムの取り方を、「・タ・タ・タ・タ」という取り方に変えて、歌う。
欧米では、後者のリズムの取り方が主流ですが、
日本では、昔から前者のリズムの取り方に慣れ親しんでいますので、
欧米から大いに影響されている最近のポピュラーミュージックでは、
日本人のリズムの取り方では、元々矛盾があります。
それを、直す事で、リズム感は劇的に改善します。
楽譜メトロノームを持っている人であれば、メトロノームの音を鳴らしながら、
音と音の間の部分で手拍子をしながら歌ってみる。
なければ、足で今までどおりのリズムを取りつつ、
手で裏のリズムを取りながら歌ってみたり。
とにかく、裏の拍子を意識する事。
ちなみに、ボクは、密かにクマ森のくまさんの歌を歌いながら、練習しています。
裏打ちで手拍子しながら、森のくまさんクマを歌うみたいな。

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座
【ボーカル講座5】10分で歌が劇的に上手くなる筋トレ方法

さて、ボーカル講座第5弾にして、待ちに待った、筋トレの方法を解説します! 一般的な、肉体強化のための …

ボーカル講座
【ボーカル講座4】3分で魅力的な歌声になる11の方法。声はチューニング可能!

それでは、前回のボーカル講座で語りきれなかった、 プロの歌手の体の構造を手にいれるために必要な、 筋 …

ボーカル講座
【ボーカル講座3】どうすればプロの歌手と同じように歌えるか【歌手の筋トレ】

ボーカル講座の第三弾は、筋トレについてお話しします。 その前に、歌の世界において、プロとアマチュアの …