【ボーカル講座vol10】1日30秒続けるだけでビブラートを獲得する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーカル講座第10弾は、ビブラートについて。
ちなみにボクは、歌を始めて1年間くらいは、
ビブラートのかけ方が分かりませんでしたorz
大体3年くらい経って、ようやくそれらしいものが
かかるようになってきたのかな??
ビブラートには、ウマ喉でかける方法や、犬(OK)お腹でかける方法など、
さまざまあるようですが、共通して言える事は、
「わざとかけようとしないこと」だと思います。
歌をマイク歌うためのトレーニングを積んで行くにつれて、
自然とかかるようになるのが理想です。
・・・が、どうしてもビブラートが欲しい!ニワトリ
という方には、こんな方法があります。
まず、自分の好きな音程を二つ選んで、ハミングで交互に音を出します。
「ん~(ラ) ん~(シ) ん~(ラ) ん~(シ) 」みたいに。
時間の間隔は自分の出来る範囲で結構。
慣れてくれば、間隔を短くして行きます。
その要領で、今度は声を出しながら、行います。
これで、どんどん間隔を短くしていけば、最終的にビブラートになるという発想。
ボクは、自転車自転車に乗りながら、時々実践していました。
ビブラートをかけたくて悩んでいる方は、お試しあれ!

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座
【ボーカル講座5】10分で歌が劇的に上手くなる筋トレ方法

さて、ボーカル講座第5弾にして、待ちに待った、筋トレの方法を解説します! 一般的な、肉体強化のための …

ボーカル講座
【ボーカル講座4】3分で魅力的な歌声になる11の方法。声はチューニング可能!

それでは、前回のボーカル講座で語りきれなかった、 プロの歌手の体の構造を手にいれるために必要な、 筋 …

ボーカル講座
【ボーカル講座3】どうすればプロの歌手と同じように歌えるか【歌手の筋トレ】

ボーカル講座の第三弾は、筋トレについてお話しします。 その前に、歌の世界において、プロとアマチュアの …