【独立開業】起業する時に参考にした本まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス・投資

「独立して会社を立ち上げたい」
「独立したけど上手くいかない」
「いつか独立するので参考になる情報を探している」

そういった方のために、筆者が独立開業する際に参考にした書籍情報をまとめました。

金持ち父さん貧乏父さん

この本は、貧乏だった実の父と、金持ちだった友人の父を対比する形で話が進んでいく、著者ロバートキヨサキの実体験を元にして書かれたビジネス書で、あまりにも有名です。
「キャッシュフロークワドラント」、つまり、会社員や自営業者ではなく、投資家やビジネスオーナーとして、時間とお金の両方を手に入れる生き方を提唱されていて、今でもその思考法は、様々なビジネスシーンにおいて役に立っています。
この本は、独立開業するにおいて、必読しておく価値ありです。

金持ち父さん貧乏父さん

仕事は1日30分!

この、暴挙極まりないタイトル(笑)でも、これ、開業するにおいて、非常に重要なんですよ。
会社員は、最低でも1日8時間働かなければならないため、独立すると、毎日毎日同じ時間に出社して、夜遅くまで働かないといけない!休んでいると罪悪感に苛まれる!・・・という事が起きかねないのですが、そんなの幻想です。自営業たるもの、働いた時間だけ給料をもらえる、なんて事は一切無いため、その考え方をきれいさっぱり捨て去る事が大事です。この本は、筆者だけでなく、筆者のビジネスパートナーの人生までも変えてしまった、恐るべき本です。

仕事は1日30分! ―お金と時間を増やすドラクエ流成功法

思考は現実化する

ナポレオン・ヒルの、超有名な自己啓発本。金持ち父さん貧乏父さんを読むのなら、この本を必ずセットで読むべきです。
金持ち父さん貧乏父さんを読むと、目からウロコの知識を多く吸収し、とても自分が賢くなった気分になる反面、
まじめに生きていくのがバカバカしくなり、仕事のモチベーションが下がってしまう恐れがあるのが難点です。
「思考は現実化する」は、逆に、モチベーションが燃え上がるように湧いてきます。
筆者は、起業して約10年間経ちますが、今思えば、昔から考えてきた事が具現化して、今の自分が形成されているのだと、つくづく思います。
ビジネスは、マインドが8割(または9割)と言われますが、起業するのであれば、この事実を心得ておくべきです。

思考は現実化する

 

大体、この3冊で起業は事足ります。

・・・え?少ない?

 

でも、よくよく考えてみれば、インターネットで何でも調べられる時代、スキルやノウハウに関する情報なら、無料でいくらでも調べられるので、あまり買う必要が無いんですよね。会社の立ち上げに必要な書類や手続き、確定申告の仕方、節税、営業のやり方など、起業に必要な情報は沢山ありますが、実際に、事業をやりながら覚えていけば良いですし、その時にインターネットで調べて、どうしても必要であれば書籍を買って学びながら、事業を進めていけば良いのです。

個人事業主であれば、開業届けさえ税務署に提出すれば、会社を辞めるまでもなく、すぐにでも起業出来ます。(会社には、副業がバレる事になりますがw)

どうしても起業に必要な本は、この3冊のみでオッケーだと、起業から10年経った今、筆者は思います。

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SEO対策
1
一番SEO対策に有利なブログサービスはどれ?ドメインオーソリティのランキングTop10

アメブロ、Livedoorブログ、はてなブログなど、日本国内には数多くの無料ブログサービスがあります …

ビジネス・投資
Amazon Echoが日本で買えるらしい!!やばい!!

なんとなくいつものようにAmazonのWebサイトを開いてみたら、 いつの間にやら、Amazon E …

ビジネス・投資
【仕事が無い】開発案件が受注できるWebサービスまとめ【完全保存版】

フリーのエンジニアをしていて、時折、「仕事が無い!!」という事態に陥る事があります。 ・・・いや、別 …