新しいGoogleサイトで、AnalyticsとSearch Consoleを設定する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策

Google Sitesが新しくなったっぽいので、使いやすくなったかどうか試してみました。
昔の、めちゃくちゃ使いにくい管理画面インターフェースと比べたら、
縄文時代と江戸時代くらいの違いがあり、だいぶ使いやすくなっています。
ただし、なぜかChromeオンリーなため、Safariで使えないのがかなりの難点ですが。

さて、タイトルの、Google Sitesでアナリティクスとサーチコンソールを設定する方法ですが、
正直、15分くらいの間、設定する方法が分からず、悩みました(汗)

Google Sites、便利だけど、METAタグやTITLEタグを設定出来ないんですね。
Javascriptも使えなさそうだし、これだけでサイト制作するのには、だいぶ無理があります。

んで、答えはというと・・・、

縦に・が三つ並んだところを押すと、「サイト分析」というメニューがあり、そこからAnalyticsの設定ができる

まあ、こんな画像で申し訳ないですが、
要するに、公開ボタンの左側にある、「縦に・が三つ並んだアイコン」を押します。

これだけなら、「ああ、まあ、設定の項目なのね」程度で、
まあまあ納得できる範囲ですが、問題はここからです。

さきほどの「縦に・が三つ並んだアイコン」を押すと、
下記のメニューが表示されます。

サイト分析
フィードバックを送信
ヘルプ
使い方ガイドを見る

これ、どの項目も役に立ちそうに見えないですけど、
実は、「サイト分析」という項目が、Analyticsの設定です。

「サイト分析」を押したら、「サイトとアナリティクス」という画面が開くので、
そこにある、「GoogleアナリティクスのトラッキングID」という項目に、
アナリティクスのトラッキングIDを入力し、保存ボタンを押せば、設定完了。

晴れて、Analyticsが使用できるようになります。

そいで、その状態で、Search Consoleの所有者確認の時に、
Analyticsのアカウントを使用して確認するようにすれば、
Search Consoleの方も設定出来ます。

なんて分かりにくいんでしょう。

早速、「フィードバックを送信」して、「サイト分析」ではなく、
「アナリティクス設定」に変更してもらうようにGoogleにお願いしてみようかな。

あ、ちなみに、Google Sitesで作られるサイトは全て、
ドメインオーソリティが100点満点になります。

Google Sitesの機能だけ見れば、
アメブロやLivedoorブログのように細かな装飾やHTMLタグも使えないし、
お世辞にも機能満載とは言い難いですが、機能を限定して考えれば、
ドメインオーソリティ100の恩恵は大きいと思います。

ドメインオーソリティの説明と、各ブログサービスのオーソリティがどの程度あるのかについては、
下記の記事にまとめているので、確認してみてください。

一番SEO対策に有利なブログサービスはどれ?ドメインオーソリティのランキングTop10

さあ、AnalyticsとSearch Consoleの設定も終わったし、これからが楽しみだ!

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策
1
一番SEO対策に有利なブログサービスはどれ?ドメインオーソリティのランキングTop10

アメブロ、Livedoorブログ、はてなブログなど、日本国内には数多くの無料ブログサービスがあります …