VPSならさくらが断然おすすめな10個の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら

かごやのVPSをはじめ、ConoHa、お名前.com、さくらのVPSなど、たくさんのレンタルサーバー会社が、VPSを取り扱っていますが、実際、どこのVPSが一番良いのか、悩んではいませんか?

レンタルサーバー事業を営んだ経験のある筆者は、VPSなら断然、さくらをおすすめします。今回は、なぜさくらでは無いのか、さくらだけが優れている理由は何なのか、について、10個の理由をご紹介します。

その1. 完全仮想化されている

さくらのVPSは、「KVM」という技術を用いて、完全仮想化されています。
そもそもVPSとは、Virtual Private Server、バーチャル(仮想的)なプライベート(専用)サーバー、要するに、仮想専用サーバーを意味するだけあって、仮想技術を用いて、サーバーを借りている全てのユーザーに、専用サーバーと同じ使用感をもたらすのですが、その技術力が、さくらのVPSは優れているのです。他社(特に某K社)は、一応KVMを使っているとか言っていますが、上手く仮想化されておらず、他のユーザーの影響で、サーバーに障害が生じる事がままあります。さくらのVPSなら、ゼロでは無いですが、他のユーザーの影響を受けにくいです。

その2. さくらインターネットという会社の安定性

さくらインターネットという会社は、1999年8月17日という、既に化石化しつつある当サイトよりもさらに、インターネット黎明期から今までを生き抜いた歴史ある会社です。2017年現在で、既に18年間の、長い歴史を、サーバー一本で歩んで来たため、その技術力や会社としての安全性、ブランド性はお墨付きです。そこいらの、設立後1、2年しか経っていないルーキー会社とは違う、一目置かれた存在なのです。

その3. 安くてコスパが良い

筆者はその昔、メモリ2GB搭載の専用サーバーを、月額19,800円くらいで借りていましたが、今や、さくらのVPSならば、月額1,706円、512MBコースならばさらに安く、月額685円で借りれます。サーバーのパフォーマンスも、同じメモリ2GBならば、VPSと専用サーバー、それほど変わらないため、昔と比べて10分の1以下の値段で、同じパフォーマンスを得られます。これ、何気にすごいことだと思います。

その4. 高速で、パフォーマンスに優れている

レンタルサーバーとかだと、速度制限がかけられていて、Web閲覧するにも、FTP接続するにも、一定の速度しか出ず、イライラしてしまいます。しかし、さくらのVPSならば、体感的にかなりサクサク動きます。また、慣れれば自分で速度制限をかける事も可能です。サーバー設定を自由にいじる事が出来るので、VPSは良いですね。

その5. ディレクトリ構成が良い

これ、ちゃんとしたVPSしか使った事が無い人は、はて何のことやら?ですが、G●Oのマ●ティサーバーや、某使えるなんとかを使った事がある方は分かるかもです。ちゃんとしていないVPSは、サーバー内のディレクトリ構成が複雑、もしくはトリッキーで、サーバー設定がやりにくいのです。レンタルサーバーでは、某K●DIのC●Iなんか、典型的なトリッキーですね。サーバーとは長い間お世話になるので、トリッキーなサーバー構成ではなく、ちゃんとした構成のサーバーの方が良いです。その点、さくらのVPSなら、ほぼ一般的なLAMP構成で、とてもきれいなディレクトリ構成をしており、サーバー設定がしやすいです。やっぱり、技術者が代表の会社は一味違いますね。

その6. コントロールパネルが使いやすい

さくらのVPSには、さくらの会員用コントロールパネルとは別に、サーバー用のパネルが別途用意されています。
デザインもきれいで体感的に使いやすく、何をすれば良いか一目瞭然のコントロールパネルです。
これ、実はとても重要で、サーバー会社によっては、コントロールパネルが無かったり、
デザインもひどく、反応が遅くイライラする事もあります。

その7. 万全のサポート体制

さくらインターネットなら、障害が起きても、ちゃんとした信頼性のあるビジネスマンとしての対応をしてくれます。
会社に技術者が居ないもんだから、外の技術者に丸投げだし、なんていうサーバー会社もある中、
さくらインターネットにはきちんとした技術者がおり、万全の体制でサポートしてくれます。
これは、長年さくらインターネットと付き合っている筆者が言うので、間違いないです。

その8. 他のサービスも充実しており、ワンストップで運用できる

レンタルサーバー、専用サーバー、WindowsのVPSなど、どのサービスをとっても、安定性・信頼性面においてとても満足度の高いものとなっています。ほぼ、サーバー関連ならワンストップで行けるのではないでしょうか。これ、実は結構重要で、サービスによって使用するサーバー会社を分散しなくて済むので、アカウント管理や、会計管理などが楽なのです。

その9. ドキュメントが充実している

さくらインターネットの公式ドキュメントの充実度はもちろんの事、さくらのVPSを使用しているユーザーは多いので、Google検索すると、かなりのドキュメントが揃っています。これは、技術者にとって非常にありがたい事です。

その10. 支払う前に試せる

2週間無料で試せます。気に入らなければキャンセルし、支払わない、という事も出来ます。そもそも、気に入るので、キャンセルしないですけどね。
自社のサービスに自信があるからこその対応だと思います。



この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
サーバー運用
WordPressのバックアップで、最も手軽で安全な方法【torocca】

アフィリエイターの方にとっても、企業の方にとっても、 今やWordpressは主流なホームページ・ブ …

サーバー運用
【PHP】死活監視をPHPの標準関数だけ実現したった

ボーカル講座が連載されているかと思いきや、突如話題が変わった、サーバーの死活監視についてwww 簡易 …

xserver
レンタルサーバーはxserverがお薦め!7つのよくある質問。

サーバーを借りたいけど、さくら、ロリポップ、ヘテムルなど、どのレンタルサーバーが一番良いのか、悩みま …