Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> 資料室 -> 人工知能、ディープラーニング -> 【Python】Google Colaboratoryでファイルアップロード&ファイル制御

【Python】Google Colaboratoryでファイルアップロード&ファイル制御

Google Colaboratoryのサーバー内に、ローカルのファイルをアップロードする方法です。

基本的には、下記の二行でアップロードできます。

from google.colab import files
uploaded = files.upload()


アップロードしたファイルは、普通に「ls」コマンドで確認出来ます。コマンドの冒頭に「!」を付けると、シェルのコマンドとして認識されるっぽい。

!ls -l


アップロードしたファイルは、open関数などで普通に開けます。
例えば、下記、アップロードしたすべてのファイルを、SJISで読み込む場合のサンプルです。

import codecs
for file in uploaded:
with codecs.open(file, 'r', 'Shift-JIS') as f:
print(f.read())


ただし、一度アップロードしたファイルは、サーバー上にしばらく残るので、「rm」コマンドで適宜削除する事も出来ます。下記は、拡張子が「.csv」のサーバー上のファイルを一括で削除します。

!rm *.csv


あ、ちなみに、「python」コマンドとか使えますw
意味無いですけど。

!python


その他、「!wget」「!cat」とかの、おなじみのLINUXコマンドも使えるっぽいです。


この記事の最終更新日:2019/03/11
最初に記事を書いた日:2019/02/25

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Spotifyでフォローする

Meteoric Streamについて

運営者情報

開発を依頼したい

Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> 資料室 -> 人工知能、ディープラーニング -> 【Python】Google Colaboratoryでファイルアップロード&ファイル制御