pal_VramMul

このページは、HSP(Hot Soup Processor)用機能拡張プラグインPALHSP(Progressive and Advanced Library for HSP)の公式マニュアルです。 現在、「pal_VramMul」命令についての説明を表示しています。マニュアル目次はこちら

pal_VramMul int,int,int

呼び出し方:
p1 = 0〜(0) : 開始オフセット
p2 = 0〜(0) : 終了オフセット
p3 = 0〜(0) : 演算する数値

この命令の説明

VRAMに、p3で指定した数値を乗算します。
この命令は開始オフセットから3ずつずらして演算されますので、
p1が0の場合は青の要素、1の場合は緑の要素、
2の場合は赤の要素に対して演算されます。

※この命令は、redraw 1を実行後に反映されます。

サンプルコード

#include "palhsp.hsp"
pal_VramMul 0,ginfo_winx*ginfo_winy*3,100
redraw 1
stop

論理演算命令の他の命令

  • pal_SdimXorP
    変数と変数をXOR結合(文字列型配列変数)
  • pal_SdimOrP
    変数と変数をOR結合(文字列型配列変数)
  • pal_SdimAndP
    変数と変数をAND結合(文字列型配列変数)
  • pal_SdimModP
    変数と変数の剰余を計算(文字列型配列変数)
  • pal_SdimDivP
    変数と変数を除算(文字列型配列変数)
  • pal_SdimMulP
    変数と変数を乗算(文字列型配列変数)
  • pal_SdimSubP
    変数と変数を減算(文字列型配列変数)
  • pal_SdimAddP
    変数と変数を加算(文字列型配列変数)
  • pal_DimXorP
    変数と変数をXOR結合(数値型配列変数)
  • pal_DimOrP
    変数と変数をOR結合(数値型配列変数)
目次へ
Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> PALHSPマニュアル -> 論理演算命令 -> VRAMへの乗算
▲Top English