Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> PALHSPマニュアル -> 文字列操作命令 -> 文字列を暗号化する(ランダム暗号)

pal_RandomEncode

このページは、HSP(Hot Soup Processor)用機能拡張プラグインPALHSP(Progressive and Advanced Library for HSP)の公式マニュアルです。 現在、「pal_RandomEncode」命令についての説明を表示しています。マニュアル目次はこちら

pal_RandomEncode str,int,int

呼び出し方:
p1=変数 : 暗号化対象の文字列型変数
p2=0〜(0) : 文字列の長さ
p3=0〜(0) : 乱数のシード

(戻り値)
stat : 暗号化した文字列の長さ

この命令の説明

ランダム暗号方式を用いて、文字列を暗号化します。
p3で指定した数値が、乱数のシードとなります。

暗号したデータを復元したい場合は、
p3を暗号化した時と同じ数値にして、
もう一度この命令を用いて暗号化して下さい。

サンプルコード

#include "palhsp.hsp"
a="aaaaaa"
strlen l,a
pal_RandomEncode a,l,64353
dialog a
stop

文字列操作命令の他の命令

  • pal_CaesarEncode
    文字列を暗号化する(シーザー暗号)
  • pal_ChrType
    キャラクターコードのタイプを取得
  • pal_StrSet
    文字列を指定文字で埋める
  • pal_StrCmp
    文字列を比較する
  • pal_StrAdd
    文字列を連結する
  • pal_ChrUpr
    アルファベットの小文字を大文字に変換(2バイト文字対応)
  • pal_ChrLwr
    アルファベットの大文字を小文字に変換(2バイト文字対応)
  • pal_StrUpr
    アルファベットの小文字を大文字に変換(1バイト文字のみ)
  • pal_StrLwr
    アルファベットの大文字を小文字に変換(1バイト文字のみ)
目次へ
Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> PALHSPマニュアル -> 文字列操作命令 -> 文字列を暗号化する(ランダム暗号)
▲Top English