【ボーカル講座vol6】ハンデについて。ハンデってなんやねんな

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ちょっと趣向を変えて、
「ハンデについて」
なんやそれΣ( ̄□ ̄;
って感じですよね。カエル
人はそれぞれ、今の自分になんらかのハンデを背負って生きていると思います。
例えば、今年卒業する男子高校生学生なら、卒論を書かなければならないというハンデ。
女の子社会人なら、会社で仕事をするだけで一日が終わってしまうというハンデ。
それが原因で、歌の練習が出来ないから、
歌が上手くならなくて、プロになれない。orz
猫(泣き)
プロは良いよなぁ・・・、音楽でメシを食って行けるんだから、
バイトもしないで良いし、就職もしないで良い。
一日中音楽に入り浸りの毎日なら、歌が上手くなって当然で、
上手くなれば、もっとたくさんメシが食えるじゃないか。
・・・みたいな。DOWN
うさぎ1
でも、良く良く考えてみれば、プロだからと言って、
一日中音楽入りびたり生活では無い場合が多いです。
音楽の市場は既に超大勢のライバルが居ますので、
音楽だけでメシを食おうとすると、超大変です。
一度メジャーデビューした人でも、
大抵は、音楽以外にも自分の仕事を持っています。
高層ビルビルのガラス拭きをしながら芸能事務所で働く人も居れば、
バイトをしながらミュージシャンをやっている人などなど。
僕の知り合いの、インディーズデビューした某ギターミュージシャンも、
夜遅くまでバイトして、クタクタな状態で、ストリートライブをして、
帰って寝て、また朝早く起きてバイト・・・という毎日を繰り返しています。
では、何故、誰もがハンデを持っていながら、
成功する人としない人がいるのでしょうか?(赤)?(赤)
それは、「絶対俺はミュージシャンになるんだ!」という熱い思いを持っていて、
なおかつ、その気持ちを毎日継続出来ているかどうかにかかっていると思います。
ミュージシャンとして成功する秘訣は、大体こんな感じです。
バニーガール
1.ミュージシャンになりたいと思う
2.実際にミュージシャンになるための行動を起こす
(練習したり、バンドを組んだり、ライブをしたり。)
3.次にステップにつながる
前回も話した通り、音楽は、毎日実践する事が最重要です。
たとえ、社会人で、毎日夜遅く働いているから、時間が無いとしても、
どこかで音楽をするための時間を作って、毎日続ける。
毎日続ければ、どんどん上達して、ある一定のレベルを超えれば、
音楽の仕事が出来るようになり、次のステップに到達出来る、と言った感じです。
今回はこんな感じで。
(感じばかりだなぁ・・・。)
天使Good luck!

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座
【ボーカル講座5】10分で歌が劇的に上手くなる筋トレ方法

さて、ボーカル講座第5弾にして、待ちに待った、筋トレの方法を解説します! 一般的な、肉体強化のための …

ボーカル講座
【ボーカル講座4】3分で魅力的な歌声になる11の方法。声はチューニング可能!

それでは、前回のボーカル講座で語りきれなかった、 プロの歌手の体の構造を手にいれるために必要な、 筋 …

ボーカル講座
【ボーカル講座3】どうすればプロの歌手と同じように歌えるか【歌手の筋トレ】

ボーカル講座の第三弾は、筋トレについてお話しします。 その前に、歌の世界において、プロとアマチュアの …