【ボーカル講座vol12】マイクの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーカル講座第12弾は、マイクマイクの使い方について。
1.歌っている間、終始マイクとの距離を一定に保つ
マイクと口の距離を、大体30cm離すのが基本だと聞いた事がありますが、
要は、モニターやスピーカーから返ってくる音が、適切なボリュームであれば、
どのくらいの距離でも大丈夫だと思います。
より大切なのは、歌っている間、何度も距離を変えたりしないで、
ある程度一定に保つ事。
そうする事で、適切なボリュームをキープする事が出来ます。
もちろん、歌の表現にしたがって、距離を近づけたり離したりする事はあります。
2.エコーを入れすぎない
特に、カラオケルームで意識したいのは、エコーをかけすぎない事。
デフォルトのエコーのボリュームは、大抵かけすぎだと思います。
これよりも、半分くらいがちょうど良いような気がします。
ライブハウスでは、スタッフさんが調節してくれる場合が多いので、その時は安心。
3.マイクのにぎり方
良く、ロックではマイクの球体の部分をにぎって歌っていますが、
これはパフォーマンスの一つであって、基本は、
ちゃんと棒の部分をにぎりましょう。
あと、自分の利き腕でにぎるのも基本です。
右利きの人は、右手で、左利きの人は、左手で。
また、マイクを持つときは、肩や腕に無駄な力を入れない事。
力が入っている場合、喉にも力が入り、無駄な発声をしてしまいます。
それでは、今回はこの辺でクマ

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座
【ボーカル講座5】10分で歌が劇的に上手くなる筋トレ方法

さて、ボーカル講座第5弾にして、待ちに待った、筋トレの方法を解説します! 一般的な、肉体強化のための …

ボーカル講座
【ボーカル講座4】3分で魅力的な歌声になる11の方法。声はチューニング可能!

それでは、前回のボーカル講座で語りきれなかった、 プロの歌手の体の構造を手にいれるために必要な、 筋 …

ボーカル講座
【ボーカル講座3】どうすればプロの歌手と同じように歌えるか【歌手の筋トレ】

ボーカル講座の第三弾は、筋トレについてお話しします。 その前に、歌の世界において、プロとアマチュアの …