【ボーカル講座vol14】自分を客観的に見てみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーカル講座14回目。
今回のテーマは、「自分を客観的に見る」。
高校時代の先生がよく、「自分が自分の先生になれ」と言われていました。
歌っている時は、自分が主人公ですので、
なかなか自分を客観的に見て、どこを直すべきか、
どこが上手くて、どこが上手くないのかなどが分かりません。
そこで、おススメする方法がこれ。
「歌を歌う時、必ずといって良いほど、録音、または録画する。」
携帯電話の録音/録画機能が、手っ取り早くて良いと思います。
録音/録画した後は、自分の歌を聴いて、
自分がプロデューサーになったつもりで、
歌は上手いか、下手か、どこが出来ていて、どこが出来ていないか、
どうすれば改善するかなどを研究します。
そして、もっと上手くなるための方法を模索していき、
次の練習スケジュールに盛り込む。
このようなサイクルで練習していけば、確実に上達していきます☆

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座
【ボーカル講座5】10分で歌が劇的に上手くなる筋トレ方法

さて、ボーカル講座第5弾にして、待ちに待った、筋トレの方法を解説します! 一般的な、肉体強化のための …

ボーカル講座
【ボーカル講座4】3分で魅力的な歌声になる11の方法。声はチューニング可能!

それでは、前回のボーカル講座で語りきれなかった、 プロの歌手の体の構造を手にいれるために必要な、 筋 …

ボーカル講座
【ボーカル講座3】どうすればプロの歌手と同じように歌えるか【歌手の筋トレ】

ボーカル講座の第三弾は、筋トレについてお話しします。 その前に、歌の世界において、プロとアマチュアの …