このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座

気まぐれで初めたボーカル講座第一弾!!
今回は、音楽の基本三大要素について説明します。

何事も、基本が大事。スポーツでも音楽でも、基本を制する者は基本を制します。(意味不明)
色の三原色が、の三色であることと同じように、音楽にも、3つの重要な要素があります。

音楽の三大要素とは?

それは何かというと、

1. メロディ
2. ハーモニー(和音)
3. リズム

音楽は、この3つによって成り立っています。
メロディとハーモニー、リズムがバランス良く絡み合って、心地の良い音楽が生まれます。

例えば、とっても音感の良い歌手が居たとして、
リズムがめちゃくちゃだったら、
聴く側としては、萎えますよね。

3つの要素が調和していないと、どれか一つが秀でていたとしても台無しになりかねません。

音楽の聴き方と歌い方について

音楽の三大要素を知っているか否かは、音楽の聴き方にも影響してきます。

例えば、カラオケに乗せて歌を歌う場合、当然ながら、カラオケを聴きながら歌う必要があります。
もし、全然聞かないで、自分のペースだけで歌うなら、音を外したり、リズムが狂ってしまうはずです。

歌手は、歌うときに、自分の声を1割だけ聞き、残りの9割は、BGMを聴いています。
9割は周りの音を聞き、そこに、1割だけ、自分の声を乗せているのです。

それでは、カラオケの、どこを聴くべきか、というと、

まず、第一に考えるべきが、「リズム」のパート。
バンド曲ならば、ベースギターとドラムで構成されている部分です。

それから、「ハーモニー」のパート。
ベースギターに、ギターやピアノの音が乗っかり、ハーモニー、つまり和音が構成されていますが、この、「和音」を感じるように聴く事が大事です。

この二つを良く聞き、その上に、「メロディ」のパートとして、自分の声を乗せる=歌うのです。

このようにして、音楽の3大要素が完成し、美しく、バランスの良い音楽が生まれます。

まとめ

音楽は、メロディ、ハーモニー、リズムの3要素で構成されている。
歌を歌う時に大事なのは、周りの音、つまり、リズムとハーモニーを良く聴き、
その上に、自分の声を、メロディとして乗せ、調和をなして音楽が完成する、
ということを覚えましょう。

この記事をシェアする

この記事が役に立ったら、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどで、シェアしていただけると嬉しいです(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーカル講座
【ボーカル講座5】10分で歌が劇的に上手くなる筋トレ方法

さて、ボーカル講座第5弾にして、待ちに待った、筋トレの方法を解説します! 一般的な、肉体強化のための …

ボーカル講座
【ボーカル講座4】3分で魅力的な歌声になる11の方法。声はチューニング可能!

それでは、前回のボーカル講座で語りきれなかった、 プロの歌手の体の構造を手にいれるために必要な、 筋 …

ボーカル講座
【ボーカル講座3】どうすればプロの歌手と同じように歌えるか【歌手の筋トレ】

ボーカル講座の第三弾は、筋トレについてお話しします。 その前に、歌の世界において、プロとアマチュアの …