pal_DrawPolyline

このページは、HSP(Hot Soup Processor)用機能拡張プラグインPALHSP(Progressive and Advanced Library for HSP)の公式マニュアルです。 現在、「pal_DrawPolyline」命令についての説明を表示しています。マニュアル目次はこちら

pal_DrawPolyline int,int

呼び出し方:
p1=4〜127(0) : 座標情報の数
p2=0〜(0) : 線の種類

(戻り値)
stat : 成功=1

この命令の説明

複数の、連続した線分をまとめて描画します。
座標は、pal_SetPointで設定してください。

例えば、二つの線分を描画する時は、
始点の座標、終点の座標(次の始点の座標)、終点の座標...
で、合計3つの座標を指定します。

p2の内容は、以下の通りです。

0 : 実線
1 : 破線
2 : 点線
3 : 一点鎖線
4 : 二点鎖線

※この命令は、redraw 1を実行後、反映されます。

サンプルコード

#include "palhsp.hsp"

pal_SetPoint 0,200,200
pal_SetPoint 1,400,400
pal_SetPoint 2,500,400

color 0,0,$ff
pal_DrawPolyline 3,1
redraw 1

描画関連命令の他の命令

Spotifyでフォローする

Meteoric Streamについて

運営者情報

開発を依頼したい

Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> PALHSPマニュアル -> 描画関連命令 -> 複数の線分を描画