Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> PALHSPマニュアル -> 描画関連命令 -> スクリーン座標をクライアント座標に変換

pal_ScreenToClient

このページは、HSP(Hot Soup Processor)用機能拡張プラグインPALHSP(Progressive and Advanced Library for HSP)の公式マニュアルです。 現在、「pal_ScreenToClient」命令についての説明を表示しています。マニュアル目次はこちら

pal_ScreenToClient int,int

呼び出し方:
p1,p2=0〜(0) : 変換対象の座標

(戻り値)
stat : 変換後の座標

この命令の説明

スクリーン座標(画面全体から見た座標)を、クライアント座標(ウインドウの原点からの座標)に変換し、
結果をstatに格納します。
変数statをX,Y座標に変換するには、次のようにします。

x=stat/10000
y=stat\10000

また、変換後のX,Y座標のどちらかが負の数になる場合は、
statに100000000($5f5e100)が格納されます。

サンプルコード

#include "palhsp.hsp"
x=100 : y=100
pal_ScreenToClient x,y
if stat==$5f5e100{
mes "Error"
stop
}
x=stat/10000
y=stat\10000
mes "X : "+x+"\nY : "+y
stop

描画関連命令の他の命令

Spotifyでフォローする

Meteoric Streamについて

運営者情報

開発を依頼したい

Windowsソフト、iPhoneアプリ、ゲーム音楽素材の「Meteoric Stream」 -> PALHSPマニュアル -> 描画関連命令 -> スクリーン座標をクライアント座標に変換